Sunday, May 13, 2007

jumbo meringue et chantilly なつかすィげんこつサイズのメレンゲちゃん

「げんこつサイズのメレンゲが食べたーい!」と
叫んだのがこの日
2週間たたずして、願いが叶ってしまいまつた。

みーっけ!
200705121748 meringue et chantilly *
ケータイカメラくんでパチリ

吉祥寺まで、知人の展示会を見に出かけました。
Slide how/お菓子な日々~delicieuses journees / sweet days~:4/30~5/15

サンロードを通り抜けると、五日市街道にぶちあたります。
そこをそのまま左へ曲がって、ずずーっと成蹊学園方面に歩きます。
たらたら歩いて15分。めざすお店は、webで見るよりも、
ずっと周囲になじんだ素敵なところでした。
Patisserie A.K Labo
バスで行く、って手もありますが、五日市街道に出るまでの混みっぷりを思うと
歩いていくか、と。

1階のショップで好きなお菓子と飲み物を選んだら、自力で2階の席へ移動する、いまどきのカフェテリアスタイルになってます。あぁ。バターと砂糖のいいにおい。ほにゃほにゃ。
ダイエットがなんだ!カロリーがどーしたっ!って妙に高揚した気分にさせられること間違いなし。
ふっふっ...お菓子屋さんに来たからにはこうならなくちゃ、ウソというものでせう。

10数種類並んだ面々は、どれもしっかり焼き色が付いておいしそうな、フランス菓子。なんちゃってじゃなくって、ちゃんとした職人さんの作るやつです。
吉祥寺駅の反対側にある、レピキュリアンのお菓子と、兄弟かしらん?でも、店のたたずまいは180度ちがって、レトロモダン風。1階のフンイキは、うーん。代官山にいたころのラ・ブランジェ・ナイーフにちかい、かも。

で、選んだのが、このメレンゲ&ホイップクリーム。
こんだけの大きさだと焼くのにえらく時間がかかるからかな。
ケーキ屋さんで見かけることはほとんどないです、ね。
基本の材料だけで作るから、逃げがきかないお菓子。
...理想のげんこつサイズは1個310円。デシタ。

cavaタグ:2階のカフェスペースは涙もの。だってー。本棚があるんだよ!しかもセレクトが良いの。食べ物関連はもちろんなんだけど、グラフィック好き、70年代サブカルチャー好きさんもウレシがるよーなジャンルのも、ある。気づいたら、2時間居ついておった。ちなみにココ、禁煙です。

2 comments:

レアールシェフ~cavacavienさんへ said...

Salut♪ cava!

花でお菓子みたいにアレンジする彼女

チョット前に

新聞で取上げられていましたよねー

発想の転換がいいですよね

私も発送できるように

ぐぁんばろうかなー

商品はアメリカンバンドで止めたろかな!

cavacavien said...

グランドファンク・シェフ!

バンドエイドってのはどぉでしょ(笑
今月も、ノリノリバールディが近づいてきましたねー。ロックなシェフも見てみたいかもよ(^0^)/yey yey!!