Wednesday, May 03, 2006

苺のタルト Yummy! Strawberry tart

冷蔵庫の中を点検しなくちゃナー
と、反省モードに入ってたにもかかわらず
八百屋さんの店先に大安売りのいちごを見つけてしまい
箱買いしましたー(( ^0^ ))

だってね、素通りできる値段ではなかったのですyo!

● ● ● ●  .



といっても、これは先週の話
友だちが集まる日に何を持って行こうかな~と
考えを巡らせながらアパートに帰る途中、目に入った
「1パック160yen」

はい、迷いはありませんでした。で4パック購入(笑)


おしゃべりなタルト




仕事仲間?のエグザス姉さんMidoriさんみぽりん
集まって過ごす午後のひと時。
近況報告やらなんやら、世間話して憂さ晴らし!という、
決して優雅なティータイムではない。です。ははは。
この御三方は、ワタシが自分勝手なお菓子を作っても、笑って食べてくれるアリガタイ友達。
おまけにひとりでしょいこむにはちょっとキツイ、お菓子の高脂肪を引き受けてくれてます。
美しきシェアリング精神(あれ?違うかな?)

4つにカットしたタルトってば、苺がボトっと落ちたりして
どの一切れを取るか、オトナでもこういう時は真剣です(笑)
そして、しゃべり倒しの3時間。
・・・はて、美味しかったんでしょうかねぇ。


タルト生地はパートブリゼの要領で
粉類合わせて200g(強力粉80g、薄力粉80g、アーモンドプードル40g)/無塩バター100g/卵白2個分くらい(余ってたのでこれを水代わりに使用)/塩ひとつまみ
でざっくり捏ねた生地を型に(これはアルミフォイルの使い捨て)
ぎゅうぎゅう敷き込んで冷蔵庫で休ませる。冷たくなった生地をフォークでピケしてからアーモンドクリームを縁まで詰め、色づくくらいに焼き、冷めてからカスタードクリームを重ねます。苺をのせて出来上がり♪




艶出しは、この苺のシロップを少し煮詰めたものを
ハケでペタペタと。
でもペクチン不足かダラダラ~っ&ぼたぼた~っと垂れていた。がくっ(>_<;
仕上げはカッコよく!と奮起したけど、
パティシエールのようにはいきませんね>あたり前れす


個人的には苺=5月のイメージなのですが
年末からドドーーーンと出回っていますから、そろそろ終わっちゃうでしょうか?
ふと気になって、リンクさせていただいてるみなさまのpostを覗いてみました。明日休みだし。

● ● ● ●  .



苺のタルトレットは@ラ・ロシェルfleur de selさんのPOSTに!fleur de selさんは空焼きしたパートにカスタードクリームとあわ立てた生クリーム、そして苺。
うーーん Ca me sent tres tres bon!!!お呼ばれしたいっ。

先日、ブログに復活してくださったmadam Kさんは、ロマンチックなイチゴのホワイト・シフォンケーキ デコレーションがとてもとても素敵です。ワタシ、シフォンケーキは未踏の世界。トライするときには必ず参考にさせていただこう(と密かに決意!madam Kさんよろしくお願いします。ぺこり。)

サイドバーに貼り付けたblogpeopleのお勧め献立から飛んでいった先、パンの時間chee-handmadeさんはカリフォルニアでいちご酵母をおこしておられるそう!なつかしいなー。この大粒苺ちゃん。カリフォルニアのオーガニックファームの苺、おいしいんですよねえ。。。

Blogspotで検索したら
フランスの方かな?La tartine gourmandeこの方はtarte aux fraises, pâte sablée Hermé - Strawberry Tart, Hermé’s S~四角い型で作るとカットするのがラクチンかもしれませんねー。このブロガーさん、いつものパフペイストリーの代わりにエルメさんのサブレ生地で作りたかったよう。そしてそして、フォトショップで背景の色変えたりしてます。Bravo!

Just BraiseこちらNYのブロガーさんも四角いストロベリータート(アメリカ英語だとこう聞こえませんか?)パートはショートニング使用のアメリカンスタイル&バターは香りづけかな。さらにアメリカっぽく、フィリングはクリームチーズを牛乳でのばし+ごく少量の砂糖、オレンジの皮、ミントの刻んだのをミックスしたもの。これはカロリー低いかもしれません。取り分けてから、甘さが欲しいなと思ったらハチミツたらしても美味しそうですね♪

連休中、旅行に出るでもなし(;_;)ブログ散歩してみよっと♪

Bonne vacances!

10 comments:

fleur de sel said...

私のサイト紹介有難うございました。1パックと言うと250g?160円は約1ユーロ。
最近ガリゲット小粒のフランス産苺が出回り1,5ユーロ。スペイン産のもの先月とても安く1kg2ユーロで苺ジャムを作ったら美味しかったのか人の出入りが多かったのか5瓶全てなくなってしまいました。又作らなくては。でもフランスもこ年は苺の出足が早いです。

Giovanni said...

cavacavienさん

1パック 160円は驚愕。
一体、どこにお住まいですか?

わたし、Giovanniが住んでいた、
フランスの村に、イチゴの大きな畑があって、
5月(路地です)の何日間かは、
イチゴ三昧でした。

あと、さくらんぼとか、プルーンなんかは、
庭の木からもいで食べてましたね。

フルーツが安価なのは、
豊かな暮らし、な気分になりませんか?

cavacavien said...

>fleur de sel恵美さん
今、新しいPOSTを見て、思わずゴックンと!

>1パックと言うと250g?
そのくらいですー。なので4パックで640円でした。この八百屋さんは近所のお店屋さん、単身赴任(?)の外国の方、高台のフランス村(と勝手に命名)のマダムにも人気。
(安いからだと思います。)

>5瓶全てなくなってしまいました。
あらら。きっと美味しかったんですね♪
フランスも暖かいのでしょうか。
東京は一日おきに夏と春が行ったり来たりです。

cavacavien said...

>giovanniさん
チャオ!(←まねしました)
160円、やっぱりお買い得ですよね。でもその前は140円てことも。。。定休日の前だったからかな。ワタシ?しんじゅくのおんなー♪ですよ(笑)
↑flleur de sel さんへのレスで書いたのですが、外国の方もひょいと買い物する安い八百屋さんがあるんです。狭山より安い。

苺畑、いいですね、お百姓さんは大変だけど(苦笑)普通の果物が普通の値段で買えるココらへんは、ほんとにアリガタイです。
日本の国土、位置を思うとフランスと同じようにはいかないですよね。でもこんなちっこい島で石油以外、ほぼなんでもまかなえるって、考えてみるとオドロキモノだと地図みて思うのです。

Madame K said...

こんばんは。先日コメントしたつもりが、ダメだったようなので、もう一度・・・。
私のブログを文中でご紹介くださってありがとうございました。
そうそうたるメンバーの中で、恐縮しております。

タルトおいしそう!
日本のイチゴはやわらかく甘いので、お菓子に使うにはヨーロッパのイチゴのほうが合うかなあ・・・(ガリゲット、良いですよね)と思っています。
それにしても160円とは!

cavacavien said...

>madam Kさん
こんばんは!
コメント>お手数かけました!
このblogspotは、ときどき機嫌が悪くなって(笑)画像のアップロードも
まあならないことも^^;世界中のブロガーが
あれ?変だぞ、と思ってるみたいです(苦笑

>日本のイチゴはやわらかく甘いので
そうですよね。こんなに甘くなくてもよいのにな、と思います。果物に甘さを求めすぎなのではないかと。

hamuko said...

お茶摘みご苦労様。私は毎年新宿御苑か智光山でハンカチの木を見ますが、本当に白いハンカチがひらひらと風に揺れているような花で大きさもハンカチぐらいですよ。

cavacavien said...

hamukoさん
>毎年新宿御苑か智光山でハンカチの木を見ますが、
新宿御苑でもみられるんですか。桜と紅葉しか見に行ったことなかったです。今年はもうお仕舞いでしょうかね>ハンカチの木そんなに大きいなんてびっくりです!

chee said...

cavacavienさん、こんにちは☆
ブログ紹介してくださってありがとうございます。
おしゃべりなタルト、おいしいタルトを食べながらのおしゃべりはとても弾みそうです。
まさにピッタリなタイトルですね♪

イチゴ酵母出来上がりました。今パン種作成中です。おいしいパンが焼き上がると
いいんですが・・・。

cavacavien said...

>cheeさん
イチゴ酵母で起こしたパン種、かわいいピンク色ですねー。
匂いもイチゴなのかな。あぁ、それだけで美味しそう♪

どんなパンになるのか
とっても楽しみにしてますょー。わくわく。